So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Raspberry Pi3にRTKLIBをインストール [測位]

このサイトでRaspberry Pi3にRTKLIBをインストールしていたので早速試す。

Raspberry PiでRTKLIB

インストールはできて、無事動作し始めて、TCPでのコネクションもうまくいったけど
どうもデータのフォーマットが違うのか、測位(位置情報のプロット)が開始しない。

RTL-SDRが動かなくなった [通信]

rtl_testをすると以下のエラーが帰ってくるようになってしまった。
少し前までは認識してたのに、Kernelをアップデートしてから認識しなくなった気がする。
どなたか解決策を教えていただきたい。

Using device 0: Generic RTL2832U
usb_claim_interface error -6
Failed to open rtlsdr device #0.

なお、/etc/modprobe.dにはちゃんと、rtlsdr.confというファイルを作って、以下を書いてるのだが。

blacklist dvb_usb_rtl28xxu
blacklist rtl2830
blacklist rtl2832
blacklist dvb_usb_v2
blacklist dvb_core

GPSモジュールとUSBシリアル変換モジュール購入 [Raspberry Pi]

アマゾンでGPSモジュールとFDTIのUSBシリアル変換を購入。
(下のリンクと同等品ですが、Amazonで検索すれば他でも買える)








RaspberryPiにもシリアル入力があるようなので、わざわざUSBシリアル変換モジュールはいらなかったかなとおもいつつも、まあなんかに使うでしょうということでとりあえずインストール

このあたりを参考にFDTIのドライバダウンロード。ダウンロードしたファイルのReadMeをみればすぐにできてしまう。便利。


RTL-SDRに受信アンプを買ってみる [通信]

RTL-SDRドングル(RTL2832U)を買ったのは良いけど、デフォルトのアンテナだと若干受信性能が物足りない。
下記のADS-Bのアンテナに変えると、たしかに周波数によっては受信状況の変化があるので、アンテナは大事だということを認識。





とはいえ、周波数に特化したアンテナにするのも、ソフトウェア無線のポリシーとは反する気もする。

せめてアンプだけでもと思い、広帯域でNFがよくかつ安いアンプを探していると、以外にもAmazonにコンパクトなものが。アンプ型番もわからず、なんだか謎です。





電源がないので、USBバス電圧の電圧変換モジュールも一緒に購入。
安さが怖い。




DVB-T+DAB+FM USB チューナー  RTL2832U+R820T

DVB-T+DAB+FM USB チューナー RTL2832U+R820T

  • 出版社/メーカー: B・S・T・R
  • メディア: エレクトロニクス


GNU RadioのWin64版インストール [通信]

GNU RadioのWin64版のバイナリデータがダウンロードできるようになったと知り、さっそくダウンロード。
GNURadio 3.7.10.1 Win64 Binaries - Download

インストールして、さっそくこのページを参考にFMラジオの受信を試みる。

TUTORIAL: CREATING AN FM RECEIVER IN GNURADIO USING AN RTL-SDR SOURCE

案外簡単に動いてしまったので、次は何をやろうか検討中。

gnuradio.jpg

ADS-Bを受信しようとおもうのだけど、GNU Radio Companionのファイルでどこか落ちてないかな?
(パルス変調のようなので、AM受信でできる気がするのですが)


ちなみに、
Raspberry Pi3上でもGNU Radio Comparisonは動作するのだけど、RTL-SDRドングル(RTL2832U)をなぜか認識しなくなってしまい、動作せず。最近まで動いてたのになぜ?

Raspbianをアップデートしてから動かなくなった気がするので、ドライバ再インストールしたのですが動かず。


DVB-T+DAB+FM USB チューナー  RTL2832U+R820T

DVB-T+DAB+FM USB チューナー RTL2832U+R820T

  • 出版社/メーカー: B・S・T・R
  • メディア: エレクトロニクス





Raspberry Pi3でTensorFlowをうごかす。 [Raspberry Pi]

なぜ、いま人工知能が流行ってるのか疑問でした。
一応工学部出身のオッサンとしては、人工知能の話は昔から聞いていたし、
少し前にもブームのようなものがあった気が。なんで今さら・・・と思っていました。

その疑問を解決してくれたのがこの本。いま、人工知能は第三次ブームのようです。
どおりで。しかも、深層学習というアプローチが画期的なんですね。





ということで、マニアックなオッサンとしては試してみたくなるのが当然で。

せっかく、Raspberry Pi3もあるのだし、これでなにか動かせないかと。
探すと、普通にあるようです。

その中でも、Googleが提供する、TensorFlowを試してみます。

TensorFlowについて。日本語で読めるのがありがたい。
TensorFlowのチュートリアルを通して、人工知能の原理について学習する

インストールについては、このあたりを参考にしました。
Googleが提供する機械学習ライブラリ TensorFlow を1時間で試してみた


なお、ディープラーニングについてはこちらで勉強中。
この本の最後のほうにもTensorFlowのインストール方法などの記載があります。


イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

  • 作者: 山下 隆義
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

Raspberry Pi3 に CubicSDRをインストールしてRTL-SDRでラジオを聴く [Raspberry Pi]

Raspberry Pi3 に CubicSDRをインストール
RTL-SDRを接続して、ラジオを聴くところまで到達しました。

注意事項と備忘録
(1)CubicSDRの音声出力デフォルト設定はPulseAudio出力なのでPulseAudioのインストール必要。

(2)CPUパワーをかなり使うので発熱が厳しい。
  当初冷却ファンなしでやっていたら途中でハング多発。
  ファンをつけてやっと安定動作。

(3)RTL-SDRは案外あっさり認識。UBSハブ経由でもOK。
  一方で、USBーイヤホン/マイクアダプタはUSBハブ経由ではなぜか認識せず。

(4)電源で振られているのか、定期的に周波数がずれたスペクトラムなのはなぜ?
  マイクやスピーカを外しても変わらず。ファンを外してもあまり変わらず。

  USBのデータ取り込みで電力変動起きてる?未調査。
 
2016-06-12-152045_1680x1050_scrot.jpg


【USBスピーカ/マイク アダプタ】





【マイク】


SANWA SUPPLY MM-MCUSB16 USBマイクロホン

SANWA SUPPLY MM-MCUSB16 USBマイクロホン

  • 出版社/メーカー: サンワサプライ
  • メディア: エレクトロニクス



【スピーカ】


LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

  • 出版社/メーカー: ロジクール
  • メディア: Personal Computers



Raspberry Pi 3 奮闘記(1) [Raspberry Pi]

Raspberry Pi 3を購入。
備忘録として記録していきます。

①ハードウェアの準備
ハードウェアはRaspberry Pi 3だけでなく、SDカード、電源、LANケーブル、HDMIケーブルなど必要。
USB接続のキーボードとマウスはあった方がよいかも。後述しますが、私は手元になかったので、すべてリモートでセットアップ

消費電力が結構多い(推奨は2.5A以上)ということで、手持ちのUSB-AC変換アダプタは使えず。
そこで、秋月で購入した5V 3A出力のAC/DCアダプタに、Amazonで購入したUSB Micro-Bコネクタへの変換ケーブル(マニアックなものがあるもんだ)を使って電源を供給。

こんなやつ。


POKAH DC電源  変換ケーブル マイクロUSBオス/メス 外径5.5mm 内径2.1mm

POKAH DC電源 変換ケーブル マイクロUSBオス/メス 外径5.5mm 内径2.1mm

  • 出版社/メーカー: ペイリングテクノロジーズ
  • メディア: エレクトロニクス



microSDは32GBを購入。

②RASPBIANのイメージファイルを書き込み

OSのRASPBIANは以下からダウンロード。
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

ダウンロードしたファイルを、「Win32 Disk Imager」を使ってイメージファイルとして書き込み。

Win32 Disk Imager
https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

SDカードをRaspberry Pi 3に差し込んで電源を投入するとあっさり起動。

順調に言ったように書きましたが、実は、最初、RASPBIANのページの右側の
「RASPBIAN JESSIE LITE」
をダウンロードしてしまい、起動しても例のラズベリーの画像が表示されず焦る。

どうやらLITEはコマンドラインでしか立ち上がらないらしい(?)ので、左側の「RASPBIAN JESSIE」を再度入れなおしたら、無事、ラズベリーの画像が表示され安心。

ロシア語能力検定試験 [ロシア語学習]

ロシア語能力検定試験のホームページによると、4級の試験日は5月29日(日)らしいです。

ひとまずターゲットをここに決めて勉強してみるかな。

この本買ったけど、まだ開いてもいない。

ロシア語能力検定試験 合格への手引き―3級・4級対策問題集


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

いまさらながら、映画「宇宙兄弟」を観る [宇宙開発]

いまさらながら、映画「宇宙兄弟」を観る。

本物のバズ・オルドリンが出てるんですね。ビビリました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る