So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Xillinux on Zybo [Zybo]

Zynqを搭載した、Digilent社のZyboボード。
これにUbuntuベースのLinuxである、Xillinuxが搭載できるとのことで、さっそく購入。

Zybo Zynq-7000 ARM/FPGA SoC Trainer Board
http://store.digilentinc.com/zybo-zynq-7000-arm-fpga-soc-trainer-board/

ちなみに、秋月でも売っています。
秋月電子 ZYBO Zynq-7000 評価ボード
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-07740/

さっそく、以下で試す。

インストール
①以下から、イメージファイルとプロジェクトファイルをダウンロード
http://xillybus.com/xillinux

自分の場合は以下を使用しました。
イメージファイル:xillinux-eval-zybo-2.0a.zip
プロジェクトファイル:xillinux-1.3.img.gz

②以下サイトを大いに参考にさせていただき、必要なファイルを生成。
日本語での詳しい情報ありがとうございます。)

[参考] FPGAの部屋 ZYBOでXillinuxを起動してみる

SDカードに解凍したイメージファイル(xillinux-1.3.img)を書き込み後boot.bin,devicetree.dtb,xillydemo.bit ファイルを書き込み。

③ボードのピンの設定をSDカードからのブートに設定して、起動。

④Xillinuxが起動。
 難なく立ち上がったように書いていますが、凡ミスで途中1回つまづきました。
(Zybo用ではなくZedBoard用のプロジェクトファイルをダウンロードしていたというミス)

【システム領域の拡張】
 ここまでは、比較的すんなりといったのですが、Raspberry Piとおなじく、調子にのって
アップデートをかけていたら「ディスク領域が足りない」と言われ止まってしまう。

よく見ると、ディスク領域がデフォルトでは「1.8GB」しかなく、パンパンです。
拡張が必要です。

①この手の作業は、Linuxで作業が必要なため、久々に母艦PCのVirtualBox上のUbuntuを立ち上げる。(色々とアップデートに時間を費やす)

②VirtualBox上のUbuntuでSDカードをマウント
(VirtualBoxの「デバイス」のところで、SDカード(Mass Storageなんとかになってる)を選択)

③GPartedをインストールして、「1.8GB」のパーティション領域を変更。
 これで、好きなだけアップデートできるようになりました。

 なお、この過程でも、色々とミスりました。パーティションの操作にはお気をつけください。
・最初、GPartedではなく、使い慣れないfdiskをつかって操作方法含め試行錯誤でハマる。
・ブートファイルやBitファイルを入れてある「16MB」側の領域のパーティションはいじらないほうがよいと思われる。
・(素人丸出しかもしれませんが)Xillinux上でGPartedをやって、パーティションを操作したら、挙動がおかしくなりました。ついには、SDカードがフォーマットすらできなくなりました。
(母艦PCを使って、SDFormatterを使ってもフォーマットできず・・・)

なお、上記のパーティションの変更の仕方など慣れていないかたは、下記本にもやりかたが記載されていました。(試行錯誤のあと、本屋で見つけて購入)




いまさらビットコイン [仮想通貨]

ビットコインが気になり勉強を開始。
まずは手始めにこの本を読んだけど、わかりやすく全容をつかむにはよかった。
ブロックチェーンとかは、もう少し別の本を読んで勉強するかな。

今さら儲からないとは知りながら、パソコンGPUマイニングもソフトをインストールしてみた。
確かに、全然ビットコインがたまらない・・・。
電気代のほうが金がかかるってのはこのことかと実感。

あわせて、日本の仮想通貨でもあるモナコンもマイニングを開始・・・。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FreeSRP [通信]

FreeSRPというSDRがCrowd Supplyにあった。
AD9364というお化けデバイスを使ったSDRは興味がある。

An open source software defined radio covering 70 MHz to 6 GHz with an on-board FPGA and USB 3.0 port.
https://www.crowdsupply.com/lukas-lao-beyer/freesrp




Raspberry Pi3で最新のGNU Radioをコンパイル [Raspberry Pi]

Raspberry Pi3で最新のGNU Radioコンパイルしようとしたがうまくいかず。
このあたりで便利なツールがあるようなのでツールを走らせると、SWAP領域が足りないと出る。

ググると、このあたりで、Raspberry Pi3のSWAP領域の拡大方法がわかったので設定。

やっと、rtl_sdr_kitが動き出した。

現在、インストールが進行しているけど、終わらない。

Raspberry Pi3にRTKLIBをインストール [測位]

このサイトでRaspberry Pi3にRTKLIBをインストールしていたので早速試す。

Raspberry PiでRTKLIB

インストールはできて、無事動作し始めて、TCPでのコネクションもうまくいったけど
どうもデータのフォーマットが違うのか、測位(位置情報のプロット)が開始しない。

RTL-SDRが動かなくなった [通信]

rtl_testをすると以下のエラーが帰ってくるようになってしまった。
少し前までは認識してたのに、Kernelをアップデートしてから認識しなくなった気がする。
どなたか解決策を教えていただきたい。

Using device 0: Generic RTL2832U
usb_claim_interface error -6
Failed to open rtlsdr device #0.

なお、/etc/modprobe.dにはちゃんと、rtlsdr.confというファイルを作って、以下を書いてるのだが。

blacklist dvb_usb_rtl28xxu
blacklist rtl2830
blacklist rtl2832
blacklist dvb_usb_v2
blacklist dvb_core

GPSモジュールとUSBシリアル変換モジュール購入 [Raspberry Pi]

アマゾンでGPSモジュールとFDTIのUSBシリアル変換を購入。
(下のリンクと同等品ですが、Amazonで検索すれば他でも買える)








RaspberryPiにもシリアル入力があるようなので、わざわざUSBシリアル変換モジュールはいらなかったかなとおもいつつも、まあなんかに使うでしょうということでとりあえずインストール

このあたりを参考にFDTIのドライバダウンロード。ダウンロードしたファイルのReadMeをみればすぐにできてしまう。便利。


RTL-SDRに受信アンプを買ってみる [通信]

RTL-SDRドングル(RTL2832U)を買ったのは良いけど、デフォルトのアンテナだと若干受信性能が物足りない。
下記のADS-Bのアンテナに変えると、たしかに周波数によっては受信状況の変化があるので、アンテナは大事だということを認識。





とはいえ、周波数に特化したアンテナにするのも、ソフトウェア無線のポリシーとは反する気もする。

せめてアンプだけでもと思い、広帯域でNFがよくかつ安いアンプを探していると、以外にもAmazonにコンパクトなものが。アンプ型番もわからず、なんだか謎です。





電源がないので、USBバス電圧の電圧変換モジュールも一緒に購入。
安さが怖い。




DVB-T+DAB+FM USB チューナー  RTL2832U+R820T

DVB-T+DAB+FM USB チューナー RTL2832U+R820T

  • 出版社/メーカー: B・S・T・R
  • メディア: エレクトロニクス


GNU RadioのWin64版インストール [通信]

GNU RadioのWin64版のバイナリデータがダウンロードできるようになったと知り、さっそくダウンロード。
GNURadio 3.7.10.1 Win64 Binaries - Download

インストールして、さっそくこのページを参考にFMラジオの受信を試みる。

TUTORIAL: CREATING AN FM RECEIVER IN GNURADIO USING AN RTL-SDR SOURCE

案外簡単に動いてしまったので、次は何をやろうか検討中。

gnuradio.jpg

ADS-Bを受信しようとおもうのだけど、GNU Radio Companionのファイルでどこか落ちてないかな?
(パルス変調のようなので、AM受信でできる気がするのですが)


ちなみに、
Raspberry Pi3上でもGNU Radio Comparisonは動作するのだけど、RTL-SDRドングル(RTL2832U)をなぜか認識しなくなってしまい、動作せず。最近まで動いてたのになぜ?

Raspbianをアップデートしてから動かなくなった気がするので、ドライバ再インストールしたのですが動かず。


DVB-T+DAB+FM USB チューナー  RTL2832U+R820T

DVB-T+DAB+FM USB チューナー RTL2832U+R820T

  • 出版社/メーカー: B・S・T・R
  • メディア: エレクトロニクス





Raspberry Pi3でTensorFlowをうごかす。 [Raspberry Pi]

なぜ、いま人工知能が流行ってるのか疑問でした。
一応工学部出身のオッサンとしては、人工知能の話は昔から聞いていたし、
少し前にもブームのようなものがあった気が。なんで今さら・・・と思っていました。

その疑問を解決してくれたのがこの本。いま、人工知能は第三次ブームのようです。
どおりで。しかも、深層学習というアプローチが画期的なんですね。





ということで、マニアックなオッサンとしては試してみたくなるのが当然で。

せっかく、Raspberry Pi3もあるのだし、これでなにか動かせないかと。
探すと、普通にあるようです。

その中でも、Googleが提供する、TensorFlowを試してみます。

TensorFlowについて。日本語で読めるのがありがたい。
TensorFlowのチュートリアルを通して、人工知能の原理について学習する

インストールについては、このあたりを参考にしました。
Googleが提供する機械学習ライブラリ TensorFlow を1時間で試してみた


なお、ディープラーニングについてはこちらで勉強中。
この本の最後のほうにもTensorFlowのインストール方法などの記載があります。


イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

イラストで学ぶ ディープラーニング (KS情報科学専門書)

  • 作者: 山下 隆義
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -
メッセージを送る